完全未経験!Webライターの始め方

work

このご時世、でなくても、いつ何が起こるかなんてわかりません。
ある日突然仕事を失ったら・・・
あなたは生活が出来ますか?
いま、副業として月に2万円を稼ぐことが出来ていたら?

0から1にするのはとても大変で時間もかかります。
今本業でお給料を頂いてるうちにその「1」を手に入れておくことで、
本業が無くなってしまった時、
急に「本日限りで辞めさせていただきます!」なんて勢いで辞表を叩きつけちゃったときに、
1を2にすればとりあえず家賃が払えるかも!?

Webライターを始めるにあたって、
一番最初の部分
一番最初の第一歩
は何をするべきなのか
「仕事の取り方」でも「収入アップの方法」でもなく、
スタート地点に立つ方法をお話しします。

パソコンとネット環境は必須です

ノートパソコン検索画面
まず一番最初に、Webライターをするのであれば専業・副業問わず、ネット環境とパソコンが必須です。
Webライターはほぼほぼネット上でのやり取りで仕事が完結してしまいます。
お仕事の依頼から受注、納品、報酬の支払いまで、スマホで対応可能な部分ももちろんありますが、
3000文字、5000文字と記事を執筆する上でパソコンでするのが効率も良いため、PCを持つことを必須と思ってください。

✓Webライターの仕事で頂いた報酬で購入するのもアリ!経費にもなります!

ハイスペックで高価なパソコンなんて不要です

「パソコンが必須」と言っても、性能の良い高価なパソコンである必要はありません。
プログラマーさんを目指すのであればもちろんパソコンのスペックも重要ですが、
Webライターになる、そもそも駆け出しのうちは
使用するパソコンの性能が悪いからと言ってわざわざ買い替える必要もありません。
極端ですが、文字が書ければ問題無いのです。
今から新しいものを購入するのであれば、
格安PCでなくそれなりのパソコン(例えばCPUはIntel Core i3とか5とか…)を買った方が後々良いかと思いますが、
現時点で「古いノートパソコンならあるんだけど…」であればそれで十分です。

ネットも工事不要で始められます

ネット環境が自宅に無い状態ですと、工事が必要になる場合も多いですが、
最近では工事不要・コンセントを挿すだけ!のものや
低価格なポケットWi-Fiが手軽に始めることが出来ておススメです。

✓工事不要でソフトバンクを利用の方にはお得でおススメ!



✓外でもネットを使用したい方におススメ!


officeが入ってなくても大丈夫です

Officeが入ってないPCでも、仕事をして報酬を頂くことは問題なくできます。
テキストでの納品でもOKなことが多いためです。
ただ、操作性を考えるとWordやExcelはやはり使い勝手が良いですよね。
そこで「無料で使えるoffice」がおススメです。
「オフィスオンライン」と検索すると、上の方に【無料のMicrosoft Officeオンライン、Word、Excel…】と出てきます。
そこから、GoogleアカウントでサインインするとWordやExcelを無料で使用することが出来ます。
ドライブ上に随時保存されていくので「保存せずに閉じてしまった…」なんてことにもなりません!

まずは報酬より流れを掴むこと

そもそもWebライターって、記事を書いて報酬を頂く。
っていうのは分かったけど具体的にどうすれば良いの?
まずは、全体の流れを掴むことが必要です。
Webライティングの仕事の流れはこちらです。

①クラウドソーシングサイトに登録

②募集している仕事に応募する

③採用

④記事執筆

⑤納品

⑥検品・修正

⑦報酬の支払い

この文字の羅列を見て、ざっくりイメージが湧いた方もいるかと思いますが、まずは実践です。
①に関しては、一番最初の登竜門として通過する重要なポイントです。
登録が完了すれば後は②~⑦を繰り返すのみ。

今回の記事では、まずスタート地点に立つための準備を行います。
お仕事に応募するためにサイトに登録を行いましょう。

①クラウドソーシングサイトに登録

クラウドソーシングサイトとは…
「お仕事を発注する人」と「お仕事を受注する人」をマッチングしてくれるサイトです。

Webライティングのお仕事に慣れてくると、企業様と直接契約を結ぶことも出てくるかもしれませんが、
やはりWebライティングの仕事をする上で多くの方が使用しているツールです。
契約後の「報酬仮払い制度」がある為、
記事を納品したのに報酬が支払われない!なんてことも避けられます。
実績や特定の信頼できる発注者が居ない初心者のうちは特に便利であると言えます。

おススメのクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトにもいくつも種類がありますが、有名なのはこちら。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

まず最初は、両方に登録を行いましょう。
使用していく上で使いやすさだったり相性だったりで「なんかこっちの方がよく使うなぁ」なんてことが分かってきますし、
ずっと2つを使用している方ももちろんたくさんいらっしゃいます。

登録方法

登録はPCはもちろんスマートフォンでも可能です。
「クラウドワークス」と「ランサーズ」のアプリをダウンロードして初回の登録はほんの10分程で完了します。

ここからがポイント!
プロフィールは分かる範囲でなるべく埋めましょう。
最初は実績も無ければスキルも無いです。という方が多いと思います。
その状態で仕事を探そうとしてもいまいち身動きが取れなかったりします。

プロフィールでは、経歴やスキルなどを入力することが出来るようになってるので、
アルバイト経験も含めて書ける範囲でしっかり記入していきます。
すると、自分でも気づかなかったスキルや得意分野、詳しいことが何となく見えてきます。

例えば、学生時代は約7年間、飲食店でアルバイトをしていました。
と言うプロフィールを記載した場合に、

✓コミュニケーション能力には自信があります。
✓お店のPR記事なら文章が書きやすいかも…
✓イタリアンには詳しい。和食には詳しい。等々。

自分でも気付かなかった得意分野に気付くことが出来たり、
プロフィールに細かく記載しておくことで
発注者様の方から「スカウト」をして頂くことがあったりします。

プロフィールの完成率はパーセンテージで表示されます。
過去の実績やポートフォリオを載せましょう。なんてものもあって、
すぐに100%にするのは難しいかもしれませんが、出来る限り埋めておくことが重要です。
もちろんお仕事を受けていく中で、
「実績として使用して良いですよ。」といった記事を執筆した際には、
すぐにプロフィールは更新しましょう!

まとめ

Webライティングのお仕事って目の当たりにしたことが無くって
全くイメージが湧かなかったり、なにから手を付ければ良いのか分からない方が多いですが、
まずは最低限の環境を整えること。
それは
×本を熟読したり、立派なパソコンを購入したり、
ではなく
〇仕事を行うためのネット環境と文字を書くためのパソコン、仕事を受けて報酬をもらうためのサイトに登録をすることです。

自分を知るため、知ってもらうためにプロフィールはきっちり記入して仕事をするための環境をまず整えましょう。

次回の記事では、②~⑦のWebライティングの流れについてお話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました