【デブエットでもプロテイン】おすすめの商品をご紹介します!

LIFE

世の中には、たくさんの種類のプロテインが溢れています。
プロテインとは「タンパク質」のことですが、マッチョなお兄さんたちが飲んでいるものというイメージが強い方も多いのではないでしょうか?

しかし、今ではさまざまな目的を持ってプロテインが飲まれています。

  • マッチョを目指してタンパク質を摂取したい人
  • しっかりと栄養を摂取しつつダイエットをしたい人
  • 小食気味でプラスαの栄養摂取をしたい人

プロテインはさまざまな目的に寄り添い、力を貸してくれます。

プロテインの主な成分

そもそも、プロテインとは何を摂取するためのものなのでしょうか?

この「プロテイン」とは「タンパク質」のことを言います。
なので、タンパク質を積極的に摂取するためのものです。

マッチョなお兄さんたちは、日々タンパク質を摂取して筋トレに励むことで素敵な筋肉が出来上がって行きます。
鶏肉(ささみ)やゆで卵なども同じで、これらも主な成分はタンパク質ですね。

ダイエットをしている方も、日々の食事制限に合わせてこのタンパク質をプロテインからしっかり摂取することで、無理なく綺麗に痩せることが出来ると言われています。
また、置き換えダイエットとしても知られていますが、1日の内の1食分をプロテインに置き換えることで、食事制限をしつつしっかりと栄養を取ることが出来るのです。

プロテインは、タンパク質の他にも体に必要な栄養素が入っています。

・脂質
・炭水化物
・糖質
・食塩
・ナイアシン
・ビタミン などなど

これらは、プロテインの種類や味によって含有量が異なります。

ダイエットや筋トレ時の補給用として有名な「SAVAS」などは、1杯あたり約80kcalとカロリーが低く設定されています。

摂取したいタンパク質は15g摂取して、なるべく低カロリーなものになっています。

プロテインの選び方

プロテインによって、また味によって成分含有量が異なるため、自身の目的に合った商品を選ぶことが必要になってきます。

世の中には、ダイエット目的や筋トレ目的のプロテインや商品が溢れていますが、「デブエット用」などと謳っている商品はほぼ見たことがありません。

この中から、最もデブエットに向いているであろう商品を見つけ出す必要があるのです。

そこで、私がデブエットを目的として飲んでいるプロテインをご紹介します。

「ULTORA(ウルトラ)プロテイン」です。

なぜこの商品を利用しているかと言うと、「カロリー」です。

他の商品では、大体80kcal前後であることが多いプロテインですが、ウルトラプロテインではどの味でも1食あたり大体「115kcal」ほど摂取することができます。

さらには、タンパク質含有量も他のプロテインに比べて多い20g以上になっています。

「ホエイダイエットプロテイン」を謳っていますが、重要なのは「成分含有量」です。

また、有名な「ペコちゃんプロテイン」もカロリーが高めなのでおすすめです。

やはり何にでも共通することですが、チョコレートはプロテインになってもカロリーが高いですね。

私は、ペコちゃんプロテインのココア味とウルトラプロテインのいちご味を常備して気分によって飲み分けています。

プロテインの飲むタイミング

プロテインは、夜寝る前や筋トレの後などが一番タンパク質を吸収しやすく摂取のタイミングとしてはおすすめです。

デブエットをしている方は、ダイエットチームとは違い置き換えなんてしてはいけません。
ご飯はしっかり食べましょう!

とはいっても、私もガリガリさんなので気持ちはわかりますが、3食きっちりって結構大変なんですよね。

そもそも、朝がとても弱くて朝食は食べないです。
なので、まずはここに着目しました。

普段から、朝食を食べる習慣がない方は朝食をプロテインにしましょう。
これで今までと比べて朝の栄養補給が完了です。

さらに、筋トレなどをしている方は筋トレ後には必須です。
そして最後に、夜寝る前にトドメの栄養補給としてプロテインを飲みましょう。

これだけです。
デブエットチームは、基本的に食べる量を増やせと言われるのはひどく辛いものです。

ダイエットチームが食べる量を減らせと言われているのと同じですよね。
みんな辛がっています。
なので、どちらのチームもそう簡単に出来るものではないのです。

ですが、今の生活にプロテインを取り入れることなら簡単に出来るのではないでしょうか?

タンパク質の摂取量

タンパク質は取れば取るほど良いものと言うわけでもありません。
上限が決まっていて、それを超えたタンパク質は体から出されてしまいますので、まぁ言ってしまえば勿体無いですよね。
なので、むやみやたらに、無理に取る必要もありません。

普段の食事でしっかり補えていれば構いませんが、小食さんなんかは特に足りているかどうかわからないと思います。
なので、気持ち多めに摂取しておくことをおすすめします。

1日の推奨摂取量
15〜17歳81〜125g67〜103g
18〜29歳75〜115g57〜88g
30〜49歳75〜115g57〜88g
50〜64歳77〜110g58〜83g
65〜74歳77〜103g58〜78g

出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」

まずは今よりも栄養補給することから

いきなり運動をしたり、1日の食べる量を増やすのは難しいと思います。
特に痩せ型体型の方は、今まで無理をしてたくさん食べることをしてこなかった方も多いのではないでしょうか。

精神的にも続くものではありませんので、まずはプロテインでドリンクを飲む感覚で不足している栄養を補給しましょう。

栄養が不足していると、代謝が悪かったり、栄養を吸収する力、食べたものを吸収する環境が整っていない場合があります。

摂取しなければならない栄養をプロテインで無理なく補うことで、今までと同じ食事量でも吸収率が高くなる場合もあります。

また、代謝がよくなると今までよりもお腹が空きやすくなったり、たくさん食べられるようになる方もいるようです。

出来る範囲で、出来ることから始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました